子育て

【バレエがもっと上手になりたい】子供の願いを叶えるために親ができる2つのこと

バレエを習っている子は、憧れのトゥシューズを履くため、コンクールの出場・入賞を目指して、日々レッスンを頑張っていますよね。

そんなバレエを頑張るお子さんを、どこまでも応援したいと思っていませんか?

お稽古バレエの目標

  • 発表会で踊りたい
  • トゥシューズを履きたい
  • コンクール上位入賞したい
  • 海外留学したい
  • バレリーナになりたい

どんな目標を達成するためにも、必要なことはただ一つ。小さな目標を立てて、たくさん練習することです。

ちこま

こんにちは、三姉妹の母です。子供たちにバレエを習わせて、13年経過しました。
年に1回行われる発表会と、コンクールにも出場させています。

長女は小6からコンクールに出場し始め、発表会も含めて毎年4回以上舞台に立ってきました。コンクール5年目からは、上位を獲れるようになり、7年目で念願の1位を獲得。

1位をいただいたコンクールのスカラシップで、2022年9月から1年間の海外留学中です。

自分の子供や同じ教室で育ってきた子供たちをみていて、さらにインスタのフォロワーさんたちとお話ししていく中で、改めて確信しました。

ちこま

バレエが上手になるには、多くの舞台を経験するべき。

次の舞台をより良いものにするため、自分自身で考え、努力するようになります。

発表会や公演は、お客さんからのたくさんの拍手をもらい達成感が味わえます。

一方、コンクールは評価される場所です。より良い結果が欲しくて、また挑戦したいという気持ちが沸き起こります。

ちこま

子供が夢中で頑張っていると、応援しようと思っちゃいますよね。

そんなバレエが上手になりたくて頑張っているお子さんに、お母さんができることは2つ。

バレエを上手にするための必要事項

  • 練習時間の確保
  • 費用の準備

ひとつずつ解説していきます。

気になる項目へ一気に飛べる目次

練習時間の確保 

小学生の週間予定
中学生以上の週間予定

小学生時代と現在(中学生以上)、三女の週間予定です。中学生になると、レッスン時間が遅くなる上、レッスン後に自習やコンクールのための個人レッスンなども行われます。

小・中学生の本業である学業は、おろそかにできません。一方、バレエが上手になるためには、たくさんのレッスンを受ける必要があります。

まだまだ子供ですから、テレビやYouTubeも見たいし、マンガも読みたい。学校の友達とも遊びたいし、家族でお出かけもしたい。子供たちは、やりたいこと満載です。

そんなお子さんの希望を叶えてあげるためにも、削れる時間はとことん削ってあげましょう。

▼気になる記事に直接飛べます▼

小学生と中学生レッスン時間の違い

小学生の間は、レッスンから帰って、一緒に勉強する時間も確保できていました。中学生になってからは、帰宅したら軽く食事をし寝る準備をして、早く寝かせるだけです。

ちこま

髪の毛やお肌のケアも欠かせません。

スプレーやジェルで固めたシニヨンでレッスンを受けているので、お風呂は欠かせまん。長い髪を洗ったり乾かしたり、とにかく時間がかかります。お肌の保湿にも気を遣いますし、なかなかベッドに辿り着けません。

ムダ毛の処理も大変です。授業で体育がある前日はすね毛を一生懸命剃ったり、レッスンの度に脇毛処理をする子もいます。

ちこま

1〜2週間に1度家庭用脱毛器で処理をしていけば、日頃の処理が楽になるだけでなく、ほとんど毛自体が生えてこなくなります。

我が家が実践している時短術は、こちらの記事で詳しく解説しています。

【バレエキッズは時間がない】バレエと学業を両立するための時短術一挙公開 コンクールに出場したり、トゥシューズを履くようになったり、お子さんバレエにどっぷりのめり込んでいませんか? 我が家の娘たちも中学...

費用の準備

通常レッスン代16,500円/月
コンクールレッスン代10,000円/月
コンクール費用80,000円/回
オーダーメイド衣装代80,000円/着
発表会費用120,000円/回
ちこま三姉妹のバレエ費用

実際に私が支払ってきた費用をもとに算出しました。レッスン代やお礼など、教室によって様々です。

発表会1回、コンクール3回出場すると1年間で75万8千円必要です。さらにレオタード・タイツ・トゥシューズなど消耗品代や、遠方のコンクールに出場するための宿泊・交通費も必要です。

※娘がお世話になっている先生は「3ヶ月におきに舞台に立たせる」ことを目的として発表会に加え、コンクールに出場させてくれます。なので、発表会とコンクール合わせて、最低4回舞台に立つことを前提に計算しました。

もっと上手になりたくて、他のバレエ教室やバレエ団付属の教室に移籍したり、海外留学をすることも考えられます。

ちこま

お子さんの希望を叶えられるよう、家計管理をしっかりしておきましょう。

家計見直しの4ステップ

  • 公的に受けられる保障内容を把握する
  • 公的な保障では不足する費用を考える
  • どんな方法で費用を確保するのか決める
  • 今使えるお金の使い方を決める

詳しい内容は近日公開します。しばらくお待ちください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました❣️

今すぐ家計見直しに取り組みたい方、格安SIMを利用していますか?

【最短1日で毎月の出費を1万円以上削減】格安SIMで毎月無理のない節約を! お子さんがバレエを頑張る熱量に比例して増えていくのが、バレエにかかるお金です。 どんどん増える出費に、少しずつ危機感を感じていま...

RELATED POST